2860円 デンマーク製 / ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 1974年 冬の夕暮れ【あす楽対応】 ホビー コレクション イヤープレート 1974年,2860円,冬の夕暮れ【あす楽対応】,bluebirdy.com,イヤープレート,ロイヤルコペンハーゲン,デンマーク製,ホビー , コレクション , イヤープレート,/hemodrometry473564.html,/,イヤープレート,ロイヤルコペンハーゲン デンマーク製 ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート あす楽対応 休日 冬の夕暮れ 1974年 デンマーク製 ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート あす楽対応 休日 冬の夕暮れ 1974年 1974年,2860円,冬の夕暮れ【あす楽対応】,bluebirdy.com,イヤープレート,ロイヤルコペンハーゲン,デンマーク製,ホビー , コレクション , イヤープレート,/hemodrometry473564.html,/,イヤープレート,ロイヤルコペンハーゲン 2860円 デンマーク製 / ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 1974年 冬の夕暮れ【あす楽対応】 ホビー コレクション イヤープレート

デンマーク製 ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート ファッションなデザイン あす楽対応 休日 冬の夕暮れ 1974年

デンマーク製 / ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 1974年 冬の夕暮れ【あす楽対応】

2860円

デンマーク製 / ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 1974年 冬の夕暮れ【あす楽対応】





リボン掛けラッピングサービス

熨斗がけラッピングサービス

◆商品仕様
素材磁器(Porcelain)
生産国デンマーク
(Made in Danmark)
直径18cm
高さ2.5cm
ブランドBOX付属しておりません。
商品につきまして本商品は製造から長期間が経過している商品となります。
(*30年でヴィンテージ、100年でアンティーク)
光にかざして見える程度の傷、個体差、濃淡差、色飛び等が存在する場合がございますが、メーカー検品を通過したA級商品でございます。
上記理由の返品交換は承ることが出来ませんので、予めご了承くださいませ。


デンマーク皇室御用達

記念の年は勿論、思い出の年にするための贈り物にもおすすめの一枚。
北欧の国デンマークでは、自分の年のイヤープレートでバースデーケーキを食べる習慣もあり、皇室御用達の歴史ある逸品です。

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は、デンマークの1775年創業の陶磁器ブランド。

その歴史は、ボーンホルム島で良質のカオリンが発見された事に始まり、1773年フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで初の硬質磁器を完成させた。

1775年にクリスチャン7世国王とユリアナ・マリア王太后の援助により“ロイヤルコペンハーゲン王室御用達窯”の輝かしい歴史が始まる。



さらに1779年、ユリアナ・マリア王太后がマイセンより技術者を集め、民間企業だったこの窯は王室が株を買い占め、王立デンマーク磁器製陶所となる。
1868年、王室はロイヤルの称号を残すことを条件に、窯の株式を大商人のブラックに売却し、民間企業となり現在に続く。

イヤープレートはギフトとして不動の人気を誇り、
フローラダニカ(Flora Danica)シリーズは、デンマークの公式晩餐会で使用される世界最高峰の器としても有名。


ロイヤルコペンハーゲンの刻印

ロイヤルコペンハーゲン商品のバックスタンプは、王冠と三本の鮮かなプルーの波型ラインで構成され、
3本の波線はデンマークを囲む3つの海峡を表現し、上部には王室御用達を意味する王冠が輝く。

デンマーク製 / ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 1974年 冬の夕暮れ【あす楽対応】

臨床遺伝学センター外来

遺伝性疾患の患者様とご家族のニーズに幅広くきめ細かく応えるため、2011年8月に本センターを開設しました。国内外の臨床遺伝専門医資格を有する20名以上の医師が国際水準の医療を提供するよう力をあわせております。

詳細はこちら


IRUD未診断疾患イニシアチブ

いわゆる人体の設計図ともいわれるDNAの配列(遺伝子)を、最先端の分析機器を使って幅広く調べることで、従来の医学的検査で診断のついていない小児患者様の診断の手がかりにしようとする研究プロジェクトです。

詳細はこちら


iPSコンサルテーション外来

iPSコンサルテーション外来は、下記の遺伝性疾患など(主として神経・感覚器を中心症状とする遺伝性疾患)に関して確定診断がなされている患者様にiPS細胞研究の現況について一般的な情報提供をさせて頂く外来です。

詳細はこちら


新型コロナウイルスゲノム解析 (COVID-19/SARS-CoV-2)

協力医療機関より患者様の検査残余検体及び臨床情報を収集するウイルスゲノムネットワークを構築、さらにウイルス全ゲノム解析プロトコルの最適化を図り、種々の検査残余検体から抽出したウイルスRNAの全ゲノム配列を高精度で解析することに成功しました。解析により得られた新規ゲノム配列情報は、積極的に国際データベースに登録・公開し、全世界の公衆衛生研究発展に寄与します。

詳細はこちら


最新情報全てを表示

関連報道記事・番組全てを表示

臨床遺伝学の研究



スペイン王国レティシア王妃陛下が来塾

臨床遺伝学センターの小崎健次郎教授より慶應義塾大学病院におけるIRUDの取り組みについて説明が行われた後、ゲノム解析の現場を見学いただきました。
新規疾患の発見も含め、800名の患者さんの3割で診断がついていること、スペインも含めた海外難病専門医との連携により診断率の向上や治療法の検討が行われていることが紹介されました。

詳しくはこちらへ


Top
慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター